伊勢崎おとなこども歯科・矯正歯科

伊勢崎おとなこども歯科の根管治療

どうして根の治療はすぐに再発するの?

根管治療に関して、このようなご質問を受けることがよくあります。

「治療しても治療しても再発してしまう」 「いつまで経っても治療が終わらない」

どうしてでしょうか?

色々と理由は考えられますが、「感染してしまった悪い部分を徹底的に除去できていない」ことと、「再感染を防ぐために根管内を隙間なく充填剤で埋められていない」ことが多いように思います。

根管治療は非常に繊細さを求められます。

限られた時間の中で「絶対の根幹治療」というものは存在しないかも知れません。

根管治療は歯科治療の基礎となるものです。 当院では丁寧に時間をかけて、しっかり再発を防ぐ根管治療を行っています。

歯科用CTで根管が見えてきます

人によって歯の根っこの構造は異なります。

根っこの構造を把握するために多くの歯科医院がレントゲン撮影を試みるのですが、レントゲンでは平面としてしか捉えることができないため、正確な根の構造を知ることは極めて困難だと言えます。

当院が導入している歯科用CTでは、歯の内部を立体的に撮影可能であり、根の構造を正確に把握することができるため、根管治療の成功に大きく貢献しています。

また、歯根の先端に膿の袋ができる「根尖病巣」とよばれる病気があり、治療せずに放置していると、ある時急に痛みが出たり、骨が溶かされていきます。

この根尖病巣の有無は、レントゲンでも判断可能(ぼんやり黒く映ります)ですが、歯科用CT(3次元立体画像)を利用することで、レントゲンでは見えない部分も可視化することができ、より一層精密な診査・診断、そして治療が可能になります。

ニッケルチタンファイルを使います

感染部位を除去する道具として「ファイル」というものがあります。

ファイルにはステンレスファイルとニッケルチタンファイルがあるのですが、当院では、「ニッケルチタンファイル」を利用しています。

その理由は「柔軟性」です。

ステンレスファイルとニッケルチタンに同じ力を加えた際の状態です。根管内は複雑に入り組んでいますので、根管の形状に合わせてファイルも変形しなければなりません。

当院では、「レシプロックシステム」「バシロジック」と呼ばれるニッケルチタンファイルを利用しています。

従来のニッケルチタンファイルよりも優れていて、治療時間を短縮できるメリットなどもあります。